inekitiemon’s blog

への字稲作日誌です。

JAの正組合員でいることは意味があるのか・・・?

f:id:inekitiemon:20190111233110j:plain

 

最近、同じイネ作り仲間と話をする機会があった。

そこで出た話題は、JA組合員に入っていないと言うことだった。

 

JA職員に組合員になって欲しいと懇願されたが、断ったという話です。

組合員であっても何の得もないというのが断った理由らしい。

 

私は父の組合員証を相続したので組合員を名乗っている。

 

組合員の特典で何だろう?

唯一浮かび上がるのは、阪神淡路大震災で評判を呼んだ建物共済で救われた人があった話がある。

 

組合員でなければ契約できなかったように記憶している。

 

他は、どうだろう?

 

・・・・・・・・・・・

じゃあ、デメリットはというと相当額の出資金を出していること。

わが家の場合25万円くらいの出資だったと思う。

 

父の他界したのが16年前。

出資した当時は何年前の事かは調べないとわからないが、今のお金に換算すると高額だったはず。

 

出資をしたからと言って、肥料が安く買えるわけではない。

地区には、会員でない人にも平等に注文書が配られる。

頼めば耕起や、田植え、コンバイン作業もやってもらえる。

 

何年か前コンバインを頼んだが、順番は非会員農家よりも順番は後だった

 

会員は出資金だけでなく、賦課金というのもJAに支払っている。

これは一体なんの経費だろう?

勉強不足なので判らない。

非会員農家も払っているんだろうか?

 

最近は経営の合理化で、支所・支店の統廃合が活発になってきた。

窓口業務も遠くまで行かないとサービスが受けられなくなる。

 

預金口座もJAにしておく理由も薄らいでいる。

 

JA会員でいるとお得の理由が実感出来ないと脱退する組合員は増えるかもしれない。

わが家は建物共済を利用するためだけに正会員を維持している。

 

水路の工事が始まります

田んぼの水路が老朽化で水漏れの起きているところがあるらしいです。

ここで水路の改修工事が始まることになりました。

f:id:inekitiemon:20181229164203j:plain

 

わが家の田んぼは漏れていないので問題ないです。

半月前ほど、工事が始まるのに伴って一軒一軒現地で要望を聞く機会が設けられました。

わが家はもう一つの田んぼに水路からの水漏れがあって困っています。

こちらを早くやって欲しいな。

f:id:inekitiemon:20181229173812j:plain

自分で取り付けた水門(田門)もさびているから、この工事で更新しようかな。

 

このようなコンクリートのU字溝を伏せると、フナなどの生物は隠れる場所を失い生きていくことが出来ない。

U字溝に変わる良いアイデアはないものか。

 

昔は田んぼの水路で魚取りをするのが楽しみだった。

そういった意味では現代の子供たち、かわいそうな気がする。

 

 

今年の稲作反省

今年のイネ作りは自己採点で65点ぐらいとしました。

 

収量

収量は2枚の圃場のうち、大きめの方(A)は反収10俵をわずか欠けました。

小さめの田んぼ(B)は8俵を割るくらい。

どの農家も例年より収量は少なかったと言っています。

 

猛暑の影響

今年は強烈な暑さだったためか、籾は大きかったが籾を落として玄米にしてみると粒が小さかったらしいです。

暑さから種を守るため、籾というバリアを厚くしたと言うことなのでしょうか?

未熟米の量も、みんな多かったらしい・・・。

 

この辺りでは10俵は普通の収量なので少なめです。

 

水漏れ

田んぼBは水が漏れてしまっていて除草に難儀しました。

ようやく漏れの箇所を見つけることが出来たので、来年に期待したいところです。

f:id:inekitiemon:20180517232257j:plain

中間施肥の遅れ

本格中間施肥が遅れたことで肥効が後半まで引きずってしまったのはまずかった。

下位節間を伸ばしてしまい、倒伏になったのだと思います。

水管理はホントに大事なのだと実感しました。

 

食味

食味値は昨年と全く同じ76点でした。

有機石灰を20kg/反増量したんだけど、変わりなしという事です。

もっと稲がカルシウムを吸収するにはやはり過リン酸石灰の方が良いのだろうか?

 

代かき2回の効果

代かきを間を置いて2回実施してみたのは良かった。

イネ科の雑草がヒエを含めて大きな効果があったのは大きな収穫材料だったと思います。

 

寒地の露地プール育苗

実験用の苗を2枚試したが、慌てて最後まで結果を確かめませんでした。

来年もう一度チャレンジします。

f:id:inekitiemon:20180503010634j:plain

 

トラクター爪の配列は平耕・1つ盛り耕・2つ山盛り耕どれが良いのか?

ラクターの取り扱い説明書に爪の配列例が3種類説明されています。

それぞれ特長があって面白いです。

 

井原さんの書籍に夢中だった頃に稲わらのすき込みには二山盛りが良いと書いてあったので、爪を全部二山盛り耕にしていました。

 

確かに藁を埋め込むには良い。

畑を耕起して、出来た二山を利用して種まきした事もありました。

 

代かき前だって均平板を持ち上げて耕起しておくとクッキリ二山が出来る。

水加減も、山のどの辺りまで沈めばひたひた水になるか判断もそんなに難しくなかったです。

 

でも数年前から平耕に戻しています。

f:id:inekitiemon:20181003232301j:plain

 

収穫の時はコンバインを委託して作業してもらうようになったのですが、近年特に収穫時期の天候が良くない。

 

コンバイン後は、田面が凸凹で20馬力程度のトラクターではどうしても均平にならない。(腕も悪い!)

 

そこで平耕にしてどこが高い、低いを判りやすくしています。

二山盛りでも均平板を下ろせば平らのはずだが、平耕にはかなわない気がします。

この辺りはどなたか教えていただけると有り難いです。

 

私の周辺で二山耕を使っている人は見た事がありません。

隣の田んぼを耕作している篤農家の方は、冬耕の時だけ1つ盛り耕を使っています。

 

 

田んぼ、台風21号通過後の様子

台風通過後の稲の様子です。

1枚はちょうど良いなびきですが、もう一枚は倒伏してしまいました。

まずは広い方の水田。

f:id:inekitiemon:20180909215123j:plain

f:id:inekitiemon:20180909215211j:plain

窒素成分の施肥量は9kg/反で同じです。

下の写真、小さい方の田んぼは水漏れがあって肥料の流し込みをしたときにしっかり満水とならず、生育ムラが出来てしまいました。

 

肥料の効き過ぎた場所は仕方がなかったのですが、そうでないところも傾いています。

ここは来年もう少し加減します。

 

今回の結果は思わしくありませんでしたが来年のための貴重なデータが得られたと思って観念します。

 

この2枚の田んぼには標高差が50メートル近くあります。

ある篤農家の方が、下の地区の方が反収は多く採れるよ、と言っていたのを思い出しました。

そんなに肥料もいらないということなんだろうか。

いろいろ原因を調べてみます。

 

への字稲作の創設者、井原豊さんの著書

井原豊さんの著書が今、どのように扱われているのかふと気になったのでネットで調べてみました。

「痛快イネつくり」は今でも書籍として販売されています。

 

でも、私の最初に出会ったへの字バイブル「痛快コシヒカリつくり」は中古本だけでした。

f:id:inekitiemon:20171117003429j:plain

しかも高額でビックリ!

この本はもう増し刷りされる事はないんだろうかと寂しい気持ちになりました。

ところが農文協直営のネット販売ショップ「田舎の本屋さん」には電子書籍で入手出来る事がわかりました。

少しホッとした気分です。

是非とも復刊を願っています。

 

田舎の本屋さん―農業・食文化・教育・生活の書籍専門店―

 

こんなPRしてるけど農文協からお金をもらっているわけではありません。

 への字のバイブルが消えてしまうのではないかと心配しての事です。

 

とにかくへの字は楽しい!

茎は太いし、穂もでかい!

 

倒伏してもさほど食味は落ちない気がする。

イネつくりを1人で始めた頃、近くのベテラン稲作農家のおじさんが、倒伏の話題になったとき、

「転んだ稲は食うとまずいんだよなぁ。」と話してくれたときがあります。

その後、昨年も含めて私も2~3度倒した事があるけれどそんな思いはぜずに済んでいます。

V字稲作(慣行栽培)は穂肥としてNK化成を施す事が常識になっている。

 

窒素もカリも稲の中で未消化となると食味を落とす原因となる。

無事生育しても小柄な稲に消化できるかわからない。

その上、倒伏すると葉っぱに日光が当たらなくなる。

結果、未消化窒素はアミノ酸もどきとか呼ばれる成分として残るらしい。

 

への字で育てた米は、直接お客さんとお付き合いしてみると良く分かる。

メチャクチャ美味しいです!といってくれるお客さんのためにこれからも頑張ります!

 

 

畦草刈り・味肥・

8月5日(日)

ようやく1ヶ月ぶりに畦草刈りです。

これは刈る前の様子。

f:id:inekitiemon:20180807231404j:plain

f:id:inekitiemon:20180807231440j:plain

f:id:inekitiemon:20180807231522j:plain

 

以前は2週間ほどでこれぐらいに茂っていたので草刈りは忙しかったです。

作物はさして生長しないのに草だけは良く伸びる!なんて愚痴を言いながら刈っておりました。

 

1ヶ月刈らずにいて、この程度は有り難い。

これは流し込み施肥のお陰だと思います。

中間施肥を以前は散粒機で散布していました。

稲だけでなく畦草にもたっぷり栄養を与え、育てていたようなんであります。(^^;

 

流し込み施肥という方法を授かって感謝です。

 

草刈りの後、有機石灰を散粒機で20kg/反散布しました。

稲の水中栽培で有名な薄井勝利さんの表現をまねて味肥と呼んでいます。

 

そういえば薄井勝利さんは現代農業(農文協)の連載で肥料学を書いておられた。

昨年10月号の「今さら聞けない土と肥料の話」は素晴らしかった。 

    ⇓ 

月刊 現代農業2017年10月号 稲作名人が教える チッソ・リン酸・カリ・マグネシウム・ケイ酸肥料

 

への字稲作と水中栽培は中期重点型稲作という意味では親戚のような関係だと個人的に思っています。

かつては水中栽培にも憧れ、模索しましたが30cmの畦造りで挫折してしまいました。

 

今日はふと、井原豊さんの著書を改めて拾い読みしてみました。

への字、分かっていたつもりだったけど、まだまだ理解不足だった事が読んでいて痛感させられます。

 

とりあえずこれで田んぼに投入するものはこれで終わり。

あとは収穫を待つのみです。